>

お子さんがいる保護者の方のために

一般歯医者さんと小児歯科歯医者さんの違い

実は一般歯科と小児歯科の治療内容はほとんど同じですが、乳歯から永久歯へ生え変わり、将来的な成長を見込んで治療を行うという点で異なります。
そのため小児歯科では虫歯予防のために治療することを重視した治療が行われています。
お子様の歯は繊細で虫歯になりやすく、口内環境も劇的に変化しやすいものです。
小児歯科はむし歯予防を最重要課題としているため、歯磨き指導、フッ素塗布、シーラント処置など予防治療が充実しています。
また、お子さんがリラックスできる雰囲気や場所作りがされているのも大きな特徴です。
ちなみに小児歯科は何歳まで通える?という質問の回答としては小児歯科に厳密な年齢制限はありませんが、一般的には永久歯が完成する中学生ぐらいまで期間の間通院することになります。
それ以降は大人と同じ一般歯科で治療や予防歯科を受けるのが一般的です。

歯医者さんにお子さんを通院させるには

治療してもらうのは子供なので小児専門歯科である重要性が高く、小さいお子さんも受け入れをしている歯医者さんであるかどうかは重要です。
小さいお子様が急に泣き出し、落ち着きが無くなってしまう可能性は十分にあり得ます。

そういう時に受け入れ側の歯医者が柔軟に対応できるかどうかは慣れているかどうか、理解があるかが原因になるでしょう。
まずは、事前に歯医者に連絡して忙しい時間帯は避けておくことです。
次に、お子さんの治療中はできる限り保護者さんが見守ること。
そして、できれば女性の歯科医師や女性のスタッフさんに、対応してもらえる小児歯科医院も良いでしょう。
女性スタッフから感じる「女性ならではの気配りや優しさ」を求められています。
男性歯科医が対応するより、女性歯科医が物腰の柔らかな優しい声で丁寧に説明を受け、丁寧にお口を触ってくれるイメージが女性には感じられますよね。


この記事をシェアする